業務用洗濯機の設置に必要な工事と周辺機器

男の人

粉砕と分類を一台で

ガラパゴスを使えば、掘削現場や解体現場で岩や建材を粉砕し、素材ごとに分類できます。しかも最近のガラパゴスは、フルイ機の出口の幅を調節できたり、異物を自動で除去したりと、より高性能になっています。スイッチひとつで操作できるので、現場作業が一層スムーズになることから、注目を集めています。

洗濯機

中古製品も魅力がある

業務用洗濯機は、多くのビジネスで活用されています。家庭用洗濯機とはとても大きな違いがあります耐用性に関しても長く使い続けていくことが出来るということからかなり高いものとなっています。業務用洗濯機は、様々なものがあります。

瓦礫

作業現場での救世主とは

マンションやビル等の解体工事の際に発生する大量のコンクリートガラや転石は、「ガラパゴス」という粉砕機とフルイ機を利用することで、再利用可能な状態に変えることが出来ます。更に、ガラパゴスは自走式タイプなので、作業の効率性や安全性を高めることが出来ます。

作業員

購入前に相場を把握

業務用洗濯機は、クリーニング店やコインランドリーなどで導入されている大型の洗濯機である。価格は100万円以上するものが一般的であり、乾燥機能などが付いた機種ではそれ以上の金額がするものが相場となっている。

解体工事

選ぶ際の注意点

ガラパゴスやフルイ機は解体現場などで、ガラと残土を効率的に分別し、ガラをリサイクル可能な状態に処理できる特殊機械です。どちらの機械も種類が豊富にあるので、購入する際には自社の用途に適したものを選ぶ必要があります。資料だけでなくレンタルで実際に使ってみて、使用感を確かめてみるのもおすすめです。

必ず据付工事が必要

洗濯物

中古購入の場合は要注意

家庭用洗濯機を設置する場合には、特別な工事の必要はない場合が多いですが、業務用洗濯機の設置には水道工事や電気工事、ガス工事などの据付工事が必要です。水道工事には、業務用洗濯機に給水するために行う給水工事と使用した汚水を流すための排水工事とがあります。温水で洗濯するタイプの業務用洗濯機では、別途設置した給湯器から温水を供給するため、給湯器と業務用洗濯機とを繋ぐ工事も必要です。次に、乾燥機一体型の業務用洗濯機はガス式と電気式の2つのタイプに別れます。乾燥機がガス式の業務用洗濯機を設置するには、ガス工事も必要になります。専用のガスタンクを近くに設置して、そこから乾燥機にガスを供給するタイプの場合、ガスタンクの容量が一定量を超えると消防署への届け出が必要になります。また、業務用洗濯機の電源は三相200ボルトが基本です。そのため、設置場所によっては電源の増設工事をしなくてはならないことも考えられます。業務用洗濯機では洗濯機と乾燥機ごとに回路を分けて、それぞれにブレーカーと漏電遮断器を設置するのが一般的です。上記に加えて、乾燥機の吸気と換気を行うために、ダクト工事を行う必要もあります。業務用洗濯機の種類によっては吸気工事が不要なものもありますが、排気用のダクトを取り付ける工事は必須です。これらの据付工事は、すべて納入業者が行うのが一般的です。しかし、中古で購入した場合などは、それぞれの工事業者を手配する必要があります。

Copyright© 2017 業務用洗濯機の設置に必要な工事と周辺機器 All Rights Reserved.