業務用洗濯機の設置に必要な工事と周辺機器

選ぶ際の注意点

解体工事

用途に合わせて選ぶ

解体現場で発生するガラなどは、がれき類に分類され、建設リサイクル法によってリサイクルが義務付けられています。基本的には細かく破砕したものを、道路や建築用の路盤材や基盤材として活用されます。ただ解体現場では多くの場合、ガラと土が混ざった状態、いわゆるガラ混じり残土の状態で発生します。この状態ではリサイクルは出来ず、中間業者に分別処理を委託する必要があり、費用の負担が大きくなります。こうした場合に活躍するのが、ガラパゴスやフルイ機といった特殊機械です。ガラパゴスは自走式の破砕機で、コンクリートやアスファルトのガラを優れた破砕力で効率的に処理します。自走式のガラパゴスは輸送性、機動性に優れ、どのような現場にも容易に運び入れる事が出来ます。またフルイ機は、ガラ混じり残土をフルイにかけることで、ガラと残土に素早く分別する事が可能です。フルイ機にも自走式のものがあり、作業現場で直接処理が行えるので解体作業と残土の分別が並行して行えて効率的です。これらの機械を導入すれば中間処理にかかる費用を浮かせるだけでなく、機械の運搬費を削減できるため解体業者にとって大きなメリットになります。どちらも単体で活用できますが、ガラパゴスとフルイ機を併用して用いている会社も多く存在します。ガラパゴスもフルイ機も便利ですが、シリーズがいくつもあるので、購入に際しては自社の用途に合ったものを選ばなければなりません。メーカーの資料やカタログなどを参考にするのもいいですが、ガラパゴスとフルイ機をレンタルしている会社もあるため、とりあえず一度利用してみるのも良い手です。処理のスペックやサイズ感などを予めレンタルで確かめてから購入すれば、失敗なく選ぶことが出来るでしょう。

Copyright© 2017 業務用洗濯機の設置に必要な工事と周辺機器 All Rights Reserved.