検査費用を知る

カップの中のサプリ

精神疾患や更年期障害とよく診察を誤ってしまう疾患に、バセドウ病と言うものがあるのです。このバセドウ病は人間の喉下にある甲状腺の疾患であるものの、その症状が精神疾患や更年期障害と似通うところがあり、医師でも診察を誤ることがあるほどなのです。その症状とは精神的に不安定になりイライラしたり、動悸息切れが激しくなったり、多汗や火照り、のぼせなどが見られ、非常にメンタルや更年期の症状と似ているのです。バセドウ病はこうした精神疾患や更年期障害よりも怖い疾患であり、放置すると死の危険性もあるのです。そのためバセドウ病が疑われる場合は必ず糖尿病内科など甲状腺に精通した医師の元で治療を受けなければいけません。気になるのがその治療費です。

バセドウ病は甲状腺から産出されるホルモンの数値に異常をきたし、体に様々な症状が見られるのです。特代謝が促進するためにイライラしたり、汗を大量にかき激痩せするのが特徴です。この甲状腺のホルモンの数値をはかるのに精密な血液検査が月に一度行われるので、そのことで治療費が保険適応でも高額になるのです。平均的に月に一度の通院で検査し5000円前後の治療費がかかるのです。主に投薬治療から始められるケースが多く、薬代は就き一回の処方で千円前後と比較的安いのです。このバセドウ病と言う疾患は昔は原因が特定されず、奇病や美人病と言われる疾患でした。甲状腺のホルモンが原因で体に様々な症状が起こることなどがわからず、昔ではこの病気を患うと死んでしまうことが多かったのです。