保険の適用

寝ている女性

泌尿器科で行われている診療は、病気を治すために必要と判断された治療については公的な医療保険を利用して診療が受けられるようになっています。 日本では国民皆制度が取り入れられているので、公的医療保険に加入することで医療機関では少ない負担で治療が受けられます。 しかし、泌尿器科では一部保険診療とはならない自由診療を取り扱っているところもあります。自由診療では、治療に関わる診察代や治療薬等が全て全額自己負担となるもので、日本ではまだ認可されていない薬などを処方してもらう時には自由診療となっています。 泌尿器科の主な自由診療内容としては、EDや早漏などの性機能に関する治療薬を処方する場合や、包茎手術などがあります。

日本では、治療や医薬品としての認可が下りるまでには長い年月がかかると言われていて、国からの認可が下りない場合は、公的な医療保険を利用することができない決まりになっています。 しかし、日本は世界の中でも特に医薬品や治療に関する規定が厳しいとされていて、日本では認可されていなくても、海外では医薬品としての効能や効果が認められているものも多数あります。 特に男性の性機能を改善する治療薬やAGA治療薬などは他の国で開発され認可もされているので、諸外国にも広く普及しています。 泌尿器科では、そのような海外で認可された医薬品に限って自由診療で処方をしてもらうことができます。 最近では、これらの医薬品は個人輸入でも購入が可能になっています。